バラ育ての7つのキーワード
1.太陽 3,4時間以上の日光が欲しい  2.風通し 葉の蒸散作用を活発化
3.土壌 団粒構造の土           4. 肥料  チッ素、リン酸、カリ
5.  水切れは大敵           6. 薬剤  防虫、防菌
7.愛情 一日一度の声掛け  
月毎のお手入れについて知りたい方は参考にして下さい。 バラ育てが楽しみになると良いですね。

排水性、保水性、保肥性そして通気性の条件を満たす土を団粒構造の土と言います。
有機質の堆肥、腐葉土、牛糞、等を土に混ぜると良いです。
鉢植えのバラには殆ど毎月適量の肥料を施して上げましょう。地植えのバラには冬と夏の元肥を施し丈夫な木を育てましょう。
10日に一度の定期的な防虫、防菌の薬剤散布を心掛けましょう。
自然環境保護の観点から農薬を使わないでバラ育てが出来る事が理想的です。
12月の作業
1月の作業
2月の作業
9月の作業
10月の作業
11月の作業
3月の作業
4月の作業
5月の作業
6月の作業
7月の作業
8月の作業
土作りに関する情報のページへ移動します
肥料に関するページへ移動します
薬剤に関する情報のページへ移動します
無農薬に関するページへ移動します