6月16日から 24日まで イギリスの8つの庭を巡ってきました。
お天気にも恵まれ 夜など涼しいくらいで 9時になっても 明るく 一日を長く楽しんできました。

Mill Dene 、  Hidcote Manor 、 Kiftsgate Court、   Sudeley Castle 、  Hadspen 、  Tintinhull 、  Mottisfont Abbey、Wiseley Garden の8つGloucestershireの  Cotswold地方と Somerset南イングランド地方 そしてロンドン近郊 Surreyの三箇所に位置しています。バスとレンタカーを使って移動してきました。

自分達だけで
企画して廻った旅でしたので 色々のハプニングにも会いましたが それもまた 後から振り返ると 楽しい思い出に成っています。アンチィークにも出会え ミュージカルも楽しめた 盛りだくさんの内容で ご一緒の皆さんに感謝しつつ Gardenを振り返りたいと思います。

Mill Dene Gardenは B.Bを営む個人のお庭ですが 

緩やかな丘に 私のあこがれる ポール仕立ての

薔薇が丘のトップに並び 斜面を覆う花々の中にスイトピィーの

トピアリィーが可愛く顔を出していました。

Hidcote Manor Gardenは広大な面積のお庭を

いくつもに区切って 前のと次のお庭が全然違う趣で

人々を驚かせます。

緑の中に 銅葉を使ったり 色の工夫も見られ

薔薇も沢山植えられて 見ごたえのあるものでした。

Kiftsgate Court Gardenはキフツゲイトという薔薇で有名なお庭ですが 私達が訪れた時にはあまりまだ咲いていませんでした。
一週間後にいらした方は真っ白く咲いていたとお話くださいました。

Sudeley Castle Gardensは 古いお城に 薔薇や 花々がなるべく 農薬を使わないやり方で 栽培していると説明を受けましたが 
美しく花々とお城がマッチしている 私の最も好きなお庭でした。
崩れかけたお城の石ずみの門に淡い ピンクや白のばらが 絡まりついて 
すいれんや水草を浮かべた池も配されていて イギリス特有の景色を満喫でき いつまでも 心に残るGardenのひとつになりました。

Hadspenは Nori and Sandra Pope夫妻の手がけられた
自然風でありながら 考え尽くされた 特に色の魔術師のようなお庭で 
Noriさんのお話によると 女性と男性の目の違い 男性には色盲が多く 
男性特有の色の観点から黄色を主にしたGardenを造っていると
説明してくださいました。

Sandraさんのお庭は 真ん中に水辺を配してその周りをピンクや 
紫そしてそれを引き立たせる花々が植えられ周りを囲むレンガの壁に 
絡まりつく薔薇や ハーブが 考え抜かれて植えられていました。
ホスターやハーブの小道 木々や レンガの壁に 
たわわに咲き誇るつる薔薇も 見ごたえのあるものでした。

Tintinhullは 比較的小さなお庭ですが お城に

水辺も 配されていて 可愛い印象のすてきなお庭でした。

Mottisfont Abbey& Gardenは 古い修道院のお庭で 正に薔薇園が見事でした。かの有名なコンスタンススプライも満開でした。

Wisley Gardenは規模も大きく色んな試みがされていて 個人の規模Gardenへの提案まであり楽しめるお庭でした。

イギリスの庭園の歴史とおおらかさ 深さをつくづく感じ 又訪れたいという思いを胸に 帰国しました。   



滝澤恵永子
Mill Dene Garden
Hidcote Manor Garden
Hadspen
Hadspen
Tintinhull
Mottisfont Abbey&Garden