”美しいコッツウォルズを旅して”

上松 瑛
 私のバラ熱が丁度上がり始めていた5月末頃、
JORの二人のお仲間がイギリス旅行を計画しているというお話を伺い、
私も本場のイングリッシュ ガーデンを是非見たくなり、居ても立ってもいられず主人を説得して、急遽コッツウォルズ行きを決めました。


 始めはレンタカーで、行き当たりばったりでB&Bに泊りながら気ままなガーデン巡りを・・・と思っていました。

でも折角行くのだからガーデンの綺麗なB&Bを探そうと、英国政府観光庁で資料を貰ったり、JORのお仲間から資料をお借りし、主人の協力も得て良さそうなB&B
に予約を入れ、心を弾ませ出かけました。

 今回は6月25日から6日間、コッツウォルズの村村だけを限定して見て廻りました。
訪れた3つのB&Bは、いずれも広く美しい手入れの行き届いたバラが一杯の期待通りのお庭で、大満足でした。

 私達が訪れたGardenは、ローシャム ハウス、 ヒドコ-ト マナー ガーデン、キフツゲート コート ガーデンズ (丁度キフツゲートが満開でラッキーでした。)、スノーズ ヒル マナー 、ラベンダー フィールド、シュードリー キャッスルなどです。 
古いマナーハウスや城壁に這い登るつるバラの素晴らしさや、一緒に植えてあるコンパニオンプランツがとてもシックな色合いでバラ達と良くマッチしていて、バラの開花時期にも恵まれ、最高に綺麗なGardenを堪能しました。

 有名なGardenだけでなく、あちこちの可愛い小さな村の古い蜂蜜色の建物に絡みつくバラが、又何とも美しく何処を見ても絵になる風景で感激のしどうしでした。
スタントンと云う村を訪れたのが日曜日だったのですが、村全体がOpen Gardenをしていて、Tea&Cakeのサービスもあり、楽しい想い出の一時を過ごしました。

帰国後、私のバラ熱は更に上がったのは言うまでもありません。

皆様にもバラの季節に一度是非イギリスの美しい田舎を訪れることをお勧めします。
Clapton Manor
Clapton Manor
 Oxford近郊のLower Chilworth Farmでは、オーナーがバラや花の名前を親切に教えてくださり、種まで採ってくださいました。
Clapton-On-The-HillにあるCLAPTON MANORは、日本のTVや雑誌に度々紹介されており、オーナーがGarden Designerだけあってご自慢の素晴らしいイングリッシュ ガーデンでした。
BroadwayにあるLUGGERS HALLは、とてもB&Bとは思えない広大な敷地に建つ立派な建物で、オーナーが元航空管制官とスチュワーデスでとても気さくな親切な方達です。あちこちのガーデンの様子やイベントなどを調べてくれました。
場所も便利でお勧めのB&Bです。

Hidcote Manor Gardens
Kiftsgate Court Garden
Sudeley Castle
Luggars Hall