フランスのバラ園巡り
                                                                                                                                                           Written by Yuko Iga



  6月初旬、急にフランスのバラ園巡りが、決まり、念願のバガデル公園、
  サンコーム小修道院へ、訪問。
     パリ、ブローニュの森の中、1860年代に建築されたバガデル公園の正門から
     小道を抜けると丁度満開の美しいバラ園が見えました。
        開園の9時、5分前に着いた我,々3人、entrer,entrer(アントレ、お入りなさい)
        ムッシューのユーモアの声に甘え、無料でバラ園に入れて頂き、3人とも感激。




























                              フランス式フォーマルな整然とした園の中程に、
                              美しい孔雀が悠々と散歩。清清しい空気、香り高いたくさんのバラ、
                              2009年のコンクール、一位(プルミエ)、二位ノバラ、近くに素敵な投票箱を発見。
                                                           華やかなバラの姿を引き立てる足元の草つげが直線に縁取られ、
                                                           絵の額縁のようにしまって素晴らしい。






   翌日、朝7時のTGV,新幹線、モンパルナス駅から、役1時間で目的地Tours(ロワール地方の町)ツールへ、
   そこからバス5分、徒歩10分、郊外の住宅街、サクランボの果樹園を素通り、マドモアゼルは赤い実をほお張りながら、
   マダムは転びそうになりながら、必死で後を追い、やっとピエールドロンサールの館に到着。
   16世紀の宮廷詩人ピエールドロンサールが晩年を過ごしたサンコーム小修道院。
   





















                庭園は九つに分かれ、白のアイスバーグ、ピンクのボニカのローズガーデン、香りの庭園、回廊の庭園、
                ソネットの庭、野菜果樹園、丁度工事中で、庭全部は見学出来なかった、又是非訪問したい所です。
   

                            入り口に、生き生きとしたピエールドロンサールの苗が売られていました。
   
                                             今回の旅は、マドモアゼル0さんのご指導により実現出来、感謝感謝です。